朝ごはん昼ごはん「なに食べた?」と聞いてくる人の心理




他人の朝食や昼食のメニューを聞いてどうする?

聞いた相手は一体何を企んでいるのでしょうか。

今回は人の食事内容を聞いてくる人の心理を紹介します。

 

①考えてから言葉を発することができない馬鹿

思いついたことがあったら、ワンクッション置かずにそのまま声に出してしまう人です。

「お腹空いたなぁ、そういえばあの人は朝ごはん何食べたんだろう?」

と思いついたのと同時に質問してしまっただけ。

特に意味はなく、ただの暇つぶしです。

 

②話題がない時の対策にクセになっている

沈黙が嫌いな人や、常におしゃべりをしていたい人は、いつも話題を探しています。

そんな人は、とくに話すことがないとき「今日も暑い・寒いですね」といったきっかけ作りのように、「ごはん何食べた」と聞いてきます。

会話をスタートさせる理由がないことの対策に使っているだけなので、これも特に意味がありません。

 

③あなたのことが好き

好きな人のことであれば、毎日の食事内容ですら興味のある話題。

聞かれた方はポカーン。ですが。

あなたのことが大好きな聞き手はワクワクしながら質問しています。

どんな嗜好があるのかリサーチしている場合もあり。

 

④今日何を食べようか悩んでいる

ルーレット的な感じで、人の食べたメニューをヒントにして、今晩のおかずや次の日の朝のメニューを考えています。

このようなタイプの方は、レストランに行ってもなかなかメニューが決まらない傾向にあります。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。