彼氏が女癖の悪い上司と付き合っている…女性がいる飲み会に誘う上司の心理とは




記者・榊原
榊原

今日も会社の飲み会へ行く彼氏。

しかし彼氏はというと、自分は行きたいわけではない。

とにかく飲みが好きな上司の誘いを断れないからなのだ。

しかも飲みの場には、女性の影が…

女癖が悪い彼氏の上司

部下(彼氏)と飲みたい、ノミュニケーションをとりたいだけなら、2人もしくは他の会社の人と食事に行けばいいのに。

なぜかいつも、飲みの席には女性を呼びたがる…

こんな上司に、あなたの彼氏は捕まっていませんか。

 

飲み会に女性を呼ぶ上司の心理とは

98%の確率で下心があります。

女の人と楽しくお酒を飲みたいけれど、サシ飲みはあまりにも露骨すぎるということで、間にあなたの彼氏というフィルターを挟むのです。

しかも、あなたの彼氏はそこまで女性と飲みたくないタイプの人。

女好きの部下を誘ってしまったら、上司は自由に女性とお喋りを楽しむことが出来なくなってしまうので、あえて彼氏のような控えめな男性を誘うのです。

 

彼女としての心配点は?

彼女の立場からして、心配すべき点は少なからずあります。

「男の人だから、飲み会に女の人を呼ぶのは普通だよね?」

なんて優しい姿勢でいると、不運にも彼氏が浮気へ走ってしまう可能性もあるでしょう。

 

風俗店も同僚の女性社員も同じ異性

「飲みの場に女性がいても、関係性によっては心配も少ない。」

と思っている方は、甘いです。

店の人だから、関係がエスカレートすることはないとか、顔見知りの同僚だから大丈夫。

なんて安心感は、何の根拠もないのは言うまでもないでしょう。

浮気してしまうときはするもの、あとは確率の問題です。

毎週末、決まりごとのように女癖の悪い上司と飲み歩いていれば、そのうちタイプの女性と巡り会ってしまうのも時間の問題。

放っておいては、本当に取り返しのつかないことになってしまいます。

 

彼氏が上司に誘われないようにする対策

男性社員が、会社の上司からの誘いを断る唯一の方法は、「既婚者になること」です。

彼女がいない<<彼女がいる<<彼女と同棲している

まずは上記の順番で、上司の誘いを断る権限が備わります。

しかし、やはり彼女と同棲しているだけでは、世の男性上司は見逃してくれません。

彼女の存在などお構いなしに、女性がいる飲み会へと彼氏を誘うでしょう。

そこでさらに強い立場になれるのが既婚者です。

 

結婚している<<子供がいる(最強)

結婚していても、無神経に飲みの誘いをする上司は、残念ながら存在します。

もっとも最強な、飲み会に行かなくていい条件を持つ人とは、結婚していて子供がいる人です。

 

まとめ

プライベートで食事に誘う頻度が多い上司を持つ彼氏。

その場に女性がいる場合は、やはり浮気の可能性を高めるといって過言ではないでしょう。

どんなに一途な男性でも、場数を重ねれば次第に浮ついてしまっても無理ありません。

手遅れにならないように、一刻も早く状況を変えていきましょう。

そのためには、カレカノの関係から卒業して、既婚者となり子供を授かることが最善策になります。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。