結婚式で手作りブーケはダサい?素人でも花束を美しくまとめる方法を紹介




結婚式を計画するとき、すべてのオプションを入れてしまうとかなり高額な請求になってしまいます。

そこで自分で出来る項目はなるべくセルフで用意したいところ。

ブーケもその1つです。

しかし、懸念点を挙げるとすれば、ダサくならないかどうか不安な点でしょう。

 

手作りブーケがダサくなってしまう原因とは

結婚式で使用するブーケには3つの特徴があります。

  1. 丸っこく束ねられている
  2. 花の色は白やピンクがベース
  3. 結婚式で使う定番の花が含まれている

この3つのポイントのうち、1つでもズレていると少しおかしなブーケになってしまいますので、手作りブーケをつくるときは注意してください。

 

①花の茎が長く花束になっている

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAYA(@pink.cherry)がシェアした投稿

ブーケの特徴は、丸みがあって茎が短くカットされています。

茎が長かったり草の部分が多かったりすると、ブーケというよりも花束に仕上がってしまいます。

これがダサいと言われてしまう第一の原因。

 

②花の色が偏りすぎている

 

この投稿をInstagramで見る

 

ksc_brothertoys(@ksc_ta2low)がシェアした投稿

また、花びらの色あいがオレンジや黄色に偏りすぎていても、結婚式らしさに欠けるダサいブーケになってしまいます。

オレンジなどの暖色は取り入れても良いのですが、オレンジの割合が多くなりすぎると、やや子供っぽい印象を与えてしまうことに繋がります。

ですので、愛や優しさをイメージした「赤」「白」「ピンク」をベースにすることで、品のある美しいブーケに仕上げることが出来ます。

 

③花の種類が結婚式にミスマッチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

wtnbtt(@wtnbtt)がシェアした投稿

例えば、ゼラニウムの花はピンクの花びらに丸っこい形をしているので、結婚式のブーケにピッタリと思います。

しかしゼラニウムの花言葉は「真の友情」ですので、愛を誓いあう式にはミスマッチなのです。

そこまで気にする方は少ないと思いますが、せっかくの晴れ舞台ですのでブーケに使う花は「愛」や「純粋」「絆」や「希望」などに関連した花言葉の花を選びたいですね。

ちなみに、結婚式のブーケに使用する定番の花は、「バラ」「ガーベラ」「カサブランカ」などが挙げられます。

 

素人でも花束を美しくまとめる方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

世界の花屋(@sekainohanaya)がシェアした投稿

手作りするときのポイントをまとめると、

  • 茎は短くカットして片手で持てるサイズにする
  • 全体が丸みを帯びるように花を整える
  • 色は暖色に偏らないように白やピンクをベースにする
  • 花言葉も意識した花選びをする

これらの要点を抑えれば、手作りブーケでも可愛く作ることができるでしょう。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。