父親がサラリーマン(平社員)遺伝子だと息子も同じ道を歩む運命になるのか?




記者・榊原
榊原

いま仕事のことで目標に向かって頑張っておるそこのあなた。

出世、起業、資格、さまざまな困難が待ち構えているだろう。

なかなかうまく進まないとき、自分の父親のことを思い出したことはないだろうか。

父親が普通だと自分も普通のサラリーマン人生?

少し周りを見渡して見ればわかるかもしれない。

社長の息子は社長だったり大手企業の幹部だったり、その兄弟は有名スポーツ選手だったり医者やパイロットだったり。

遺伝という要素は、将来の働き方へ大きな影響を与える。

これは紛れもない事実でしょう。

父親か母親の家系に社会的に優れた人物がいると、高確率で子供も優秀な職業につきます。

だから、いま必死にもがいて成功を掴みとろうとしているあなた。

頑張っても頑張ってもうまくいかない理由を、父親の影響だとおもってはいないだろうか。

 

遺伝子の影響を受けるのは確か

イギリスやアメリカのある研究チームが行ったテストによると。

父親や母親の遺伝子が、子供の学力や社会的成功に関係していることを証明しました。

遺伝子の他には、家庭環境も重要な要素で、高度な教育を受けて育った子供こそ社会的に認められている職業につくことができています。

ですので、父親が仕事能力の低い人物で、経済力が乏しく子供の教育にお金をかけれなかった場合は、やはり確率としては子供も父親と同じ

道を進むことになってしまうのです。

 

遺伝子の影響をうけるのは6割

自分の親が普通だからといって、夢を諦める必要はありません。

なぜなら、自己成長に遺伝子が関係するのは6割程度だと言われているからです。

2割は育ちの環境。

残り2割は個人の努力と運です。

遺伝子も育ってきた環境も下の下だった場合、成功を掴むためには相当な努力が求められます。

反対に、素晴らしい遺伝子と、素晴らしい家庭環境で育った子供は比較的楽に出世することが可能。

あなたはどんな遺伝子を受け継ぎ、どんな環境で育ってきましたか?

他のライバルとハンデはありそうですか?

悪条件でも好条件でも、いま成功のために出来ることは努力しかありません。

可能性はゼロではないので、諦めらければ父親がダメな人でも、あなたは成功することが出来るはずです。

 

現代は努力しやすい良い時代

遺伝子も育ってきた環境も良くなかったとしても、現代に生まれ育っているだけで、もはや幸運と言える事実があります。

いまの日本では、図書館や大型書店へいけば本が読み放題だし、インターネットでは有益な情報が取得し放題。

両親に経済力がなくても、誰でもしたい勉強がしやすい環境にいるのです。

進化したテクノロジーの恩恵を受けることが出来る現代人は、遺伝子の良し悪しによる格差と戦える状態にあります。

もちろん優秀な子供に勝つためには、やはり努力が必要不可欠ですが、可能性は期待できるようになりました。

100年前や200年前では、どうにもならなかった遺伝子の影響も、現代なら努力でクリアしやすくなっています。

 

まとめ

夢に向かって走るあなた!父親の遺伝子によって6割程度のスキルは決まってしまっているかもしれません。

でも大丈夫!諦めないで!

努力はしやすくなってきているし、結果も出やすくなってきているのが現代。

今後希望の兆しが見えなくなってしまったら、この記事を思い出してみてください。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。