どっち!無人島暮らしor刑務所暮らし?という無茶な比較について




榊原リュウジの画像
ボク

一生パンかご飯か言われたら、ゴハン!

どうも、ボクデス。

先日『水曜日のダウンタウン』で放送されていた、

【一生無人島暮らし・一生無人島暮らし】

100人に対してどっちを選択するか調査する企画がありました。

予想では綺麗に半々となるはずでしたが、

結果は42対58で一生無人島がやや多かったようです。

ボクなら無人島を選びますね。

では、どちらがどう生活に違いがでるのか?

1つずつ要点をまとめたいと思います。



一生刑務所を選ぶメリットとデメリット

刑務所

まずは刑務所で一生生きる選択をした人の意見をまとめてみましょう!

 

・メリット!衣食住が整うから

基本ですよね 衣・食・住。

しかも自分で料理しなくても、最低限の食事は提供されるわけだし、最近の刑務所なら栄養面もしっかりされてそうですね!

下手に自炊できない20代男子の一人暮らしより、しっかり栄養取れそうw

雨風しのげて、オシャレはできないけど凍えない程度の衣服はあるし、清潔感だって保証済み。

数年前ホームレス生活を経験したボクからしても、その点に関してはメリットデカイですね。

 

うむ、考えられるメリットはこのくらい?

飼われたい人は刑務所が合っていますね。

 

・デメリットかな?人間関係とストレス

人付き合いに関しては、上手くいけばメリットにもなるし、下手な人にとってはデメリットでしょう。

無人島では寂しいから刑務所を選んだお婆ちゃんも居ます。

ただし、受刑者同士仲良くなればの話です。

もし相部屋になった場合、中の人と変に上下関係でも生まれたら、一生子分みたいな暮らしを強いられるし。

刑務所生活にストレスを感じていない人はまず少ないはず。

どんなに衣食住が整っていても、ストレスが1番病気の原因になるとボクは信じてます。

記憶にも新しい、今治刑務所からの海を渡って逃げた脱獄犯人だって、

 

“人間トラブルで逃げたくなった”

 

と言ってますしね。


一生無人島暮らしのメリット・デメリット

無人島

続きまして無人島…

サバイバルを攻略する力が無ければ、最悪2.3日でゲームオーバーかも!

 

・メリットは0から国を開拓できる自由度

もうメリットは1つしかないような、、

ルール無しの自由にやりたい放題だから

ですね。

幸せに暮らすも朽ち果てるも自由。

何か面白いこと企画から制作までして、人から注目を浴びれば

誰かを呼び込むことだって可能。

魚釣りや住居の設計モノづくりなど、

習得して向上する楽しみもある。

刑務所と違って成長が望めるし、夢が持てる。

 

・デメリットは病気になったらアウト

ボクは以前、事故でスネにある太い静脈を切ったことがあるのですが。

血管を縛る手術をして、ようやく止血しました。

そのとき思ったのが、

 

これ無人島だったら終わってたな。。

 

という感想。

普段健康体では無意識だけど、

医療の進歩あってこそ、

今の安心で健康的な暮らしがあるのだなと思います。

 

・人恋しくて破滅しそう

実はボク

「人間関係や社会に適応するのが面倒くさい」

そう言い放って1人で海外や秘境など彷徨った経験があります。

全く人に会わなくなれば、それはそれで思っていた以上に人恋しくなりますよ。

 

まとめ

書いていて気づきました。

ノルウェーにある世界一居心地がよい「ハルデン刑務所」なら、無人島よりいいのかも。

無人島でも、直径1キロ未満サイズの砂島だと、最初からかなり難易度Maxな気がする。

 

「水曜日のダウンタウン」

に出ていたお爺さんは、過去に刑務所経験があるにも関わらず、選択したのは一生刑務所暮らしでした。

 

ざっくりした質問じゃなくて、

【○○刑務所と○○にある無人島ならどっち?】

という具体的な形式にして、10,000人くらいに聞いてみたいですね。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。