「シンプル生活のすすめ」物を買わない主義のボクは『無意識貯金』をしているよ




榊原リュウジの画像
ボク

物欲より食欲

どうもボクデス。

 

今年購入したもので、形に残るものは…

指で数える程度しかありません。

 

「できるだけコンパクトに!」

 

をモットーに物を買わない主義をつらぬいているボクは、

自動的に貯金が増えていくシステムを、無意識に作りだしていました。



シンプル生活が好き!ボクが物を買わなくなった理由

  • 節約をしたいから
  • お金が無いから
  • 貯金したいから

どれもこれも全部違います。

ボクが物を所持したくない理由は…

 

気が散るからです

 

もっと分かりやすく噛み砕くと、

どんな物でも、1つ1つに存在意義があるはずです、だから購入するんですけどね。

 

【持つ意味がある物=メンテナンスが必要】

という風にもとらえることが出来ます。

 

放置しておけば何でも腐りますからね。

 

メンテが必要なものが増えれば増えるだけ、ボクの集中力は分散し、

本当に見つめていたい物へ目を向けられなくなっていまいます。

 

ようはモノに縛られるのが嫌なんです。

 

たまにノラ猫を見てこう思うんです。

「あの子には所有物は一切ない、ポケットもない、何にも縛られていないんだ…」

動物に対して唯一羨ましく思う点です。


半年で貯金が80万円貯まっていた話

ボクみたいな性格の人を、ミニマリストやシンプリストとも言うみたいですね。

だとしたらボクはミニマリストの究極をついていたかもしれません。

なぜなら…

 

所有物はリュック1つだけの時期あったからです

 

言い換えれば、資産はリュック1つしかなかったワケですw

 

家具家電付きの部屋に住んだり、シェアハウスやゲストハウスを渡り歩き、自動車は持たず自転車をレンタルして過ごしていました。

契約書ですらボクにとっては縛りに感じていました。ちょっと病的ッスね

 

住み込みのバイトをしている時は、住んでいる部屋はもちろん調理器具などの超細かい部分まで全てレンタルしていたため、引っ越しにかかる費用はゼロでした。

リュック1つ身1つで完結してしまいますからね。

 

長期契約を結ぶものは携帯代以外はすべてブロックして、リュックに入らないものはレンタルする。

 

このようなスタイルを貫いて普通に生きていたら、

気づけば半年間で80万円の貯金が成されていたのです。

 

大きな家具家電を買ってしまうと、どうしても引っ越し業者を利用しなくてはならないし、賃貸物件を借りれば移動するたび数十万円の初期費用(敷金返金やクリーニング代)が発生します。

 

これは当たり前のことですが、この普通を避けて生きるだけで、

無意識にお金が貯まっていくんです。

 

ちなみに仕事は派遣やアルバイトなどです、手取り20万円にも満たない給料でしたが、

給料日を楽しみにする日は無かったですね。

 

まとめ

物は人の管理なしでは腐ります。

多くの物を持っているということは、それだけ物に注力しながら生きてしまっているのです。

 

1日に使えるエネルギーや時間には限りがあります、

貴重なパワーを不要な物に奪われない為には、基本ものは買わないスタンスでいることが大事なんです。

 

貯金はそのあと付加的にやってきます。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。