日本人は食べ物の恨みや執着心が強すぎ!食い意地はるわ食にうるさいわ怒るわ




榊原リュウジの画像
ボク

ボクたち人間は、生き延びるために、

常に食べ物を食べてエネルギーを補給し続けなくてはなりません。

 

食べ物の恨みが強く表面に出てしまう人は、

それだけ生きることに貪欲な証拠です。

 

日本人は、世界的に見れば、食への執着心がある方の民族だと思います。

そうでなければ、今日まで、ここまで大きな発展をとげていないからです。



食べ物の恨みが強い日本人

「日本人は食べ物の恨み激しい」と聞くと、

いっけん意地悪で性格が悪いイメージを持つかもしれません。

 

しかし日本がここまで経済成長できたのは、日本人はみな食い意地を張る民族だからです。

 

そうでなければ、競争に勝ち残ることはできず、人口も増加してこなかったはずです。

 

食べ物の恨みは恐ろしい!

というフレーズは海外ではあまり聞きませんよね。

 

いいんです、

食べ物を横取りされた恨みが強くても、食い意地はっても、食への執着心があっても。

 

逆に執念のない人はつまらない人間です。

 

ボクたちは皆、この世に生まれたからには、

この世の絶品を食らいたい欲望を少なからず持っているはずです。

 

日本人が持つ食への執着

「日本人ってグルメだよね」

これは海外の反応で、表面的には褒め言葉になっていますが、

元々はグルメではなく何でも食べる国民だったからです。

 

生の魚「刺身」にビビっている外国人はまだまだです、日本人は鶏肉も生で食いますw

 

これはマジでクレイジージャパンです。

 

肉はさすがに、どう考えても生は危険。。

 

でも日本人は食への執着心が強すぎるので、もっと美味な食を探し冒険した結果、

鳥刺しを食べるようになったとか。(詳しいことは不明です)

 

ボクは宮崎に移住して、半年くらい経ったときです、

美味しい鳥刺し専門店があるからと、紹介されて行ってみたところ。

 

カンピロバクターという食中毒に侵されましたw

 

やっぱり日本人はクレイジーなほど、食への執着心が激しい国民なのです。


日本人は食い意地をはる国民性

かつての日本は、十分な食料に恵まれていなかったことは、ご存知と思います。

 

現在のように無制限に満腹感を味わえる環境はほとんどなく、肥満率が上昇したのも、つい最近の話です。

高齢の方は、その記憶が残っている、若い人も、未だに厳しい時代がDNAに刻み込まれているのです。

 

もうあんな過酷な時代には戻りたくないでしょう。

 

食べられるうちに食べておきましょう!

これから先、いつ食べられなくなるか分かりませんから。

 

食い意地をはるのはみっともないです、他人のことなど考えずに、自分だけ得をすれば良い。

認めましょう、日本人はいやしいです。

 

日本人は食にうるさくてすぐ怒る

日本人はすぐ怒ります。

 

「芋焼酎お湯割りの湯は始めに入れんかい」

「納豆は最低でも50回以上まわさんかい」

「カレーのじゃがいもは角切り一口サイズにせんかい」

 

うるさいですね日本人は、こだわりとかそういうの通り越して、ただただ食にうるさいです。

だからこそ、今では世界に認められる食文化へと成長してきているのですね。

 

まとめ

日本人はちょっと変、だということを自覚できましたでしょうか?

日本人として生きていると、なかなかその事実に気づけないものですが、ボクたちの食文化はクレイジーなんです。

 

食べ物の恨みがあったからこそ、今日の日本があることも、忘れないで下さい。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。