SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD Ultra 3D 1TB SATA3.0の口コミ!




ノートパソコンを改造するにあたって、内蔵しているハードディスクを取り除いて新しいハードディスクに置き換えて、取り替えた古いハードディスクを無駄にしないようにする、内蔵ハードディスクを外付けとして再利用出来る様にするケースとケーブルのセットと、SSDセット。

おすすめポイント①付属品よりも高性能

ノートパソコンを買った時には、初めから2.5インチのメーカー指定のハードディスクが内蔵された状態で買うのですが、容量が足りなくなったり、より速いスピードのハードディスクと交換したり、最近ではSSDというハードディスクよりも性能が良くデータの読み書きが何倍にもなるストレージに交換をして、パソコンの起動スピードを上げたり、データの保管と読み書きを速くする改造が良く行われる様になりました。付属品のハードディスクはシステムのバックアップ用として保存するか、別売りのケースに差し込んで外付けハードディスクとして再利用するのが一般的です。

 

おすすめポイント②SSDはとにかく早い

メーカー製ノートブックの内蔵ハードディスクは、標準の付属品だと、容量が少し少なかったり、アクセススピードがまぁまぁの速さだったりするのですが、それをSSDと呼ばれる半導体にデータを読み書きする帰宅システムの方が、一般的なハードディスクよりも、読み書きの速さが格段に速く、ノートパソコンの起動の待ち時間を短縮して、スイッチを入れてからパソコンの操作が出来る様になるまでの時間が5倍〜10倍程速くなり、仕事でデータを保存したり動画を編集したりする時にデータのアクセスが速くなるので、仕事の効率が上がる事です。

 

悪かった点「値段の変化が激しい」

SSDの種類と値段を比べて、どこのメーカーのどの製品を買ったら良いのか、メーカーに問い合わせをして、どこのメーカーなら良いのか調べたり、細々した事を検討したりしているうちに、だいたい8,000円〜9,000円くらいが相場だったのに、数ヶ月経ったら2,000円〜4,000円程に商品の値段がいつのまにか値上がりしてしまっていて、結局今は半導体業界の材料不足で、これから先も値下がりする気配が無かったので、高いのを買わないといけなくなってしまった事で、さっさともっと早く買いたいと思った時に買っておけば良かったです。

 

まとめ


タイムイズマネー、欲しいと思った時が買い時!ということで、ほんの数百円の違いや、商品のメーカーやらなんだかんだ調べているうちに、値上がりや値下がりをするので、必要な時に一番欲しいと思える物は、さっさと買う事。型落ちして安くなる事もあるが、大体売り切れるし、値段が下がる要因が見つからなかったら、迷っているうちに損をしてしまう事になる。

※この記事はクラウドサービス「ランサーズ」で募集した口コミを記載しています。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。