ダイエット中の自炊が面倒なとき…実践して欲しい対策5選




榊原リュウジの画像
ボク

分かってます。

作った方が健康的だしダイエットにもなることくらい。

でもね、わたしゃ忙しいんだよ!!!!!

残された時間・体力で毎日自炊は厳しいっす。

対策①スープ系なら簡単

張り切って難しい料理を使用とするから面倒になるのさ。

だったら簡単な料理のみを実践すればよかろう!

もっとも簡単・手軽なのは野菜スープじゃ。

適当な肉と野菜をぶち込んで、フタをして煮込むだけ。

味付けはコンソメ味・味噌・市販の鍋の素など。ぶちこむだけ。

調理時間は約10分で、そのうち5分間がフタをして火を入れて放置なので楽チンです。

 

対策②和食系飲食チェーンへGO

最近の外食は糖質制限メニューにこっています。

とくに和食ジャンルは基本的にヘルシーなのでおすすめ。

まず有名なのが大戸屋。「マッスル定食」「ダイエット定食」など目的別メニューが豊富です。

次にすき屋。牛丼ライトというメニューは、ご飯の代わりに豆腐や野菜がたっぷり入ってます

お寿司だってOK。くら寿司ならシャリの量を約半分カットした糖質OFFシリーズが人気です。

焼き肉やしゃぶしゃぶ系もいいですよ!そもそもご飯などの糖質を注文しなければ太る原因は抑えられます。

 

対策③コンビニorスーパーの総菜

毎日はいかんですが、たまになら良いのではないでしょうか。

ただし食べる内容はしっかりチェックする必要があります。

パスタ・チャーハン・ラーメンなど、糖質の高い物はNG。

肉や豆類などが多い、高たんぱくの弁当を選ぶようにしましょう。

分からないときは、基本的に和食が低カロリーでGOODですよ。

 

対策④作り置き作戦

外食はやはり避けたい!という方は1日に数日分のご飯を作り置きするのがベスト。

1週間分のご飯を数回に分けて焚きます。

1食分ずつラップまたはタッパに小分けし冷凍保存し、食べたい時に解凍しましょう。

おかずも同様。1週間分のおかずを1日で作り、タッパに入れて冷凍保存します。

休日に1週間分まとめて作れば、毎日の手間が格段と下がるので楽ですよ。

好きな音楽(BGM)を流して、楽しみながら料理をしましょう。

 

対策⑤宅食を使っちゃう

自炊も外食も、食べ物の糖質をチェックするのが面倒に感じる方もいるでしょう。

それでもダイエットは意識したいなら、宅食で解決できます。

ニチレイの宅食なら、ヘルシー献立をお任せ丸投げ!

ダイエットはもちろん、健康管理食としても人気です。

いまなら952円引き!ニチレイフーズの宅食

まとめ

便利な世の中です。

自炊が面倒・苦手であってもダイエットの道はきちんと用意されています。

低カロリーでヘルシーな食事は割と簡単にできるので、あとは食べすぎないように注意するのが大切ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。