塾ばかりで友達と遊ぶ時間がない…生きる意味とは?




榊原リュウジの画像
ボク

学校の宿題・塾・習い事などで、ほとんど自由時間がない学生は少なくありません。

気づけば友達と遊んだって記憶がない方もいるでしょう。

勉強の毎日で生きる意味を見失っていませんか?

塾に通うメリットとは

ご存知の通り将来の為でしょう。

社会で活躍するには、学歴はあるに越したことはないから。

有名な大学を出るためだけに、子どもたちは毎日勉強していると言っても過言ではありません。

単純に常識や知識を身につけたいだけなら、お家で本を読めばいいので、やはり塾の存在意義は受験のためだと言えます。

 

塾に通うデメリットとは

自由な時間が失われるということです。

週5毎日2~3時間ほど塾のために使われているとしたら、1ヶ月40~60時間は勉強していることになります。

社会で活躍するだけが人生ではないので、この時間を他の活動に充てたいと考えることもできるでしょう。

いい学校を出て、希望する職業に就きたいという気持ちがないなら、塾に通うのはデメリットしかありません。

 

友達との遊びと塾の優先順位とは

一切友達とは遊ばず、勉強ばかりの青春時代を送っても良いでしょう。

一切塾には行かず、好きなことばかりの青春時代を送っても良いでしょう。

あなたは、なぜ塾に通っているのですか?

塾の勉強と友達との遊びは、どっちが大切ですか?

全く勉強しなければ、高確率で大人になった時苦しみます。

全く友達と遊ばなければ、高確率で後悔します。

大事なのは、あなたがどうなりたいのかという素直な気持ちです。

 

親が一切休み(遊ぶ時間)をくれない場合

塾も遊びも両方大切です。

将来楽をするために、今を犠牲にしすぎるのは間違っています。

バランスが重要なので、塾ばかりの人は少し遊んだほうが良いでしょう。

そんなこと分かっていても、決定権を持ったのは両親である家庭がほとんどですよね。。

週に1日も自由時間がないという方は、遊びの重要性を両親に知ってもらう必要があるでしょう。

アメリカのとある研究では「幼少期まったく遊ばなかった人ほど、重犯罪を犯す可能性が高い」と発表されています。

このほかには、心の病気に繋がりやすいケースも多々あるため、塾ばかりの毎日がどれだけ間違っているか知ってもらいましょう。

 

まとめ

視野を広げましょう

両親は子供の将来を心配して、塾に通わせますが、そこばかりにフォーカスしてしまいがちです。

勉強だけが豊かになれる道ではないので、本当の幸せと本当の不幸を再度確認すべきでしょう。

極論になりすぎないように注意し、できる範囲で話し合えるといいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。