ホワイトールは白くならない?シミも消えない?悪い口コミを徹底調査!




榊原リュウジの画像
ボク

SNSで話題の美白ケア商品ホワイトール。

手軽に本気シミ対策ができると人気の医薬品ですが、「白くならない」「シミが消えない」という悪い評判が気になります。

そこで今回は、低評価となった理由を突き止めてみました。

そもそも肌が白くなる成分はない

まず「白くならない」という声について。

ホワイトールには、L-システインやビタミンCといった美肌に欠かせない成分が含まれています。

これらは、シミ・黒色メラニンを改善する効果がありますが、地肌の色を変える力はありません。

もともと色白な方が、シミによってくすんでしまった場合は、ホワイトールでもとの白い肌を取り戻せる可能性があります。

もともと地黒の人の場合は、きれいな肌を目指せるものの、白くなるかどうかは期待できません。

 

6週間以上続けなければ意味がない

表皮の角質層が生まれかわる肌のターンオーバーは、約6週間と言われています。

シミに変化を確認するには、早くても4週間以上は必要です。

したがって「シミが消えない」という口コミをする方のほとんどは、6週間未満で辞めてしまった人たちだと言えます。

L-システインは、シミ対策に働く成分だと認められているので、なにより継続が重要なのです。

 

まとめ

肌が白くなる成分は存在しません。

シミが目立たなくなり、美白に近づける可能性は十分あるでしょう。

また、シミ対策は継続が大切です。

短期間ではお肌の調子は変化しにくいので、6週間は続けてみましょう。

 

いまならホワイトールを76%OFFで購入できます。

キャンペーンは予告なく終了するケースがあるので、お早めにどうぞ!

【公式】ホワイトールを76%OFFで購入する



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。