ビントロマグロ(びんちょう)なぜうまい?大好きハマる好きすぎて食べるの止まらない




榊原リュウジの画像
ボク

スシローへ行ったときは必ず食べる「ビントロマグロ」

ほどよく脂がのっており、様々なアレンジレシピにマッチする。

 

比較的安価で手に入り、気軽に食せることから日本人の庶民の味となりつつある。

 

そんな「びんちょう」なぜうまいのか?

ハマってしまう理由を紹介しましょう。



ビントロマグロ(びんちょう)うますぎ

 

鬢長マグロは脂が沢山乗っている部位でも安く入手できるから、

炙ったり、ゆず塩風味にしたり自由に楽しめます。

 

 

地域によっては「脂とんぼ」と言うようですね。

白っぽいイメージでしたが、赤みが多い部分も美味しそう。

 

 

素晴らしいアイディアです!

びんちょう鮪のカツとは…一度食べてみたいですね。

 

 

カルパッチョの素材といえばサーモンが真っ先に浮かびますが、

ビントロもまた合ってしまいます。

白ワインと一緒にやりたいですね。

 

 

シンプルに丼にして頂くのも幸せ。。

贅沢なお味なのにコスパも良くて、もう文句なしですね。

 

 

View this post on Instagram

 

Yoshiko Hamadaさん(@y.hama.3021.apple)がシェアした投稿

 

びんちょうまぐろのサラダもGOOD!!

子供も大人も楽しめる1品でございます。

 

 

刺身しょうゆで食べるオーソドックスなビントロも良いけど、

アボカドとレモンペッパーに塩コショウで頂く地中海スタイルもまた良い。

 

まとめ

びんとろがなぜうまいのか?

 

答えは何だかよく分からなくなってしまいましたが、

今まさにボクの胃袋がビントロを欲していることは紛れもない事実です。

 

あなただってそう、今宵ビントロを食べたくなっているはず。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。