ツーブロック禁止の理由とは?生徒・先生の心理(意見)をまとめてみた




ツーブロックにしたいと思う生徒の心理

校則で禁止にされているにも関わらず、なぜ多くの10代の男がツーブロックカットをして登校するのか。

まずは彼らの心理から覗いてみましょう。

 

流行のヘアスタイルだから

理由は単純。

どこのファッション誌を見てもツーブロックは取り挙げられているから。

ツーブロックが流行出してから、もう10年以上経過しますが未だに人気が衰えないスタイル。

流行に敏感な10代だからこその理由ですね。

 

本音はツーブロックでは物足りない

さらに突き詰めていくと、実はツーブロックは控えめな髪型。

本当は明るい色に染めたり、パーマで遊び心を取り入れたい。

高校生なら、髭やピアス、タトゥーだって入れたいと思うはず、

ツーブロックは遊びのおまけ程度にしか思っていません。

 

長髪は禁止って言われたから…

「髪が耳にかかるのはNG」「襟足が襟首にかかるのもNG」

そんな言われたらさ、短くしようって思うけど、スポーツ刈りみたいなんじゃさすがにダサいからツーブロックしよ!

と思うのが普通ではないでしょうか。

先生に髪切ってこい言われたから、カットしたら、今度はツーブロックNGとか。

先生がワガママみたいに聞こえますね。

 

ツーブロック禁止にしたい先生の心理

今度は先生側のポジションに立って、ツーブロックがいけない理由について考えてみましょう。

 

集団生活のマナー違反

耳周りと襟足だけ刈り上げて、前髪の長さは若干長い。

このような形を奇抜と捉えています。

集団生活において、他人とかけ離れた個性を出すことは、ときとしてマナー違反とみなされることがあります。

この場合は、金髪やピアスで登校するのと同様の意味合いで、ツーブロック禁止を望んでいるのでしょう。

 

生徒を守るため

校内だけであれば、マナー違反で済みますが、学校の外でツーブロックのような奇抜なヘアスタイルをすると、悪い連中に絡まれると心配しているようです。

人は見た目ではないとはいえ、反社会的な方々のルックスは多少個性的。

ツーブロックにも反社会的なイメージを持つ大人が一定数おり、その一部大人たちの声を支持すると、結果的にツーブロックは校則で禁止となる。

 

まとめ

私個人の意見としては、ツーブロック禁止というルールは時代遅れもいいところ。

自分が子供のころはもちろん、自分の父母の子供のころから、学校教育の見た目に関する校則は何も変わっていない様子ですね。

髪型に正しいも間違いもないでしょう。

人の髪型を否定する権利なんてないはずだ!



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。