嵐の大野君が辞めちゃったらチーム解散?リーダー抜きで活動は無理なのか




「大野君の夏やすみ」と、ファンの間で愛らしいネーミングがなされた、嵐リーダーの芸能活動休止報告。

正式に公表された内容によると、2020年末から嵐の活動休止が始まるとのこと。

ここで不安要素となるのが、「大野くんがこのまま帰って来なかったら、嵐は終わり?」といった話題です。

 



嵐の大野君が辞めちゃったらチーム解散?

スマップの森君がチームから抜けたときは、まだスマップが結成して間もないころだったので、解散することはありませんでした。

オレンジレンジのドラム(カッチャン)が辞めたこともありましたが、やはり1人抜けたくらいではチーム全員が引退することはありませんでした。

ではでは、あの大人気ジャニーズグループの嵐のリーダーともなる人間が辞めた場合は、一体どうなってしまうのでしょうか。

 

たぶん解散もしくは各々ソロ活動するだろう説

もっとも有力なパターンでは、「嵐解散!」です。

メンバー自らが公言した内容では、「5人揃って嵐です」と話しているので、やはりリーダーなしの嵐は嵐ではないということ。

ただ単にメンツの問題だけではなく、メインボーカルである大野君がいなくなるということは、ライブで過去の曲を歌うことが困難になる点が挙げられます。

「truth」や「Monster」のような、大野くんの出番が沢山ある楽曲なんかは、もう修正しようがありませんよね。

活動年数20年以上・提供楽曲400曲以上の歴史ある嵐だから、1曲ずつ大野君のパートだけ他のメンバーに振り分ける作業も現実的ではないですし。

もし大野くんが休止から引退に陥ったとき、おそらく嵐は解散、そして各々ソロ活動されることが予想できますね。

 

解散しない場合は嵐の名前が消える

もし4人でも活動していくというのであれば、嵐というユニット名はなくなるでしょう。

そのかわりに、全く別の名前で再スタートと言う形がとられるかもしれません。

曲数もゼロからスタートなので、過去にヒットした曲などは、もうリアルで聞くことはできなくなります。

可能性としては非常に薄い4人でも新ユニットですが、「どうしても辞めてほしくない」というファンの熱望次第ではゼロ%ではないでしょう。

 

大野君はきっと帰ってくるから大丈夫

色々と不安はありますが、多くのアーティストは活動休止されてから、数ヶ月~数年間で復帰しています。

大野君の場合、いつまで休むとか期間は公開していませんが、彼ならきっと戻ってきてくれると信じています。

一時休止→やっぱり解散。。だなんて曲がったこと、嵐の名がそうはさせないでしょう。

嵐が解散するときは、きっとファンの人々も納得して感動するような、素晴らしい展開になるはず。

 

まとめ

大野くんがいなくなったら?

多分嵐は解散すると思います。

しかし今回の休止宣言がズルズルと進んでいき、解散するという形にはならないかな。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。