なぜメディアは「他県ナンバー狩り」というワードを使った?普通に報道すればよかったのに




記者・榊原
榊原

何かと思えば、県外ナンバーの自動車が破壊される事件が相次いでいるらしい。

しかも「他県ナンバー狩り」といういかにも感情的な言葉がトレンド入りする始末だ…

さらには、SNSだけでなくTVのニュース番組でも、堂々と他県ナンバー狩りというワードを連呼しているじゃないか。

 

「他県ナンバーの車が被害に遭う事件続出」と報道しなさいよ

事実は「ここ最近の傾向で停めてあった車が破損等の被害に遭われる事件が多くなり、その被害者の共通点は県外ナンバーだった」である。

それならそうと、そのままを伝えればいいじゃないか。

なぜわざわざ「他県ナンバー狩り」という言葉を使って報道しているのだよ。

中高生のヤンキー狩りじゃないんだから、そんなわざわざ国民をビビらせるような表現つかうなよ。

そんなんだから、県内在住だけど県外ナンバーの人の一部が「ナンバー違うけど県民です、ごめんなさい」みたいなステッカー作り始めちゃうんだよ。

なにやらせてんのよ…

もちろんマスコミが全部原因ではないけど、圧倒的影響力を持った報道人が、多くの人々を困惑させてしまったのは事実でしょう。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。