昔の友達と全っ然価値観が合わなくなった…付き合う人が変わる心境




榊原リュウジの画像
ボク

沖縄の人が冬の鹿児島を旅行すると風邪をひく

どうもボクデス。

 

もうすぐ年末正月ですね、年明けは旧友と会ってまったりしたい!

 

でもね、いつまでたってもオトモダチというのは、

まぁ難しいことでございます。

久々あったら話が全っく噛み合わないなんてことありませんか?



昔の友達と全っ然価値観が合わなくなった理由

親友I君とは学生時代の仲良しメン!

4年ぶりにあったのが最近のことです。

 

20代前半の時はね、そりゃもう夜の渋谷であんなことやこんな遊びまで色々やらかしたものです。

 

数年ぶりに再開して、男二人で何をしたかというと、

あの頃と全く同じ遊びをしましたw

あんな店やこんな店にハシゴして朝方まで飲む。。。

 

ん?

 

違和感があるのはボクだけ、

I君は楽しそうだわぁ。

 

何も変わっていない友達、

ガラリと変わってしまったボク。

 

会っていない期間の分だけ熱中ポイントがズレる

ボクが今一番ハマっていることは仕事です。

友達はあの頃と同じ「モンハン」でした。

 

そりゃ話合うわけないでしょ~

 

4年や5年も遠く離れて活動していれば、趣味の方向は違って当たり前です。

 

やはり会っていない時期が長ければ長い程、

価値観というものは自発的に個性を磨いていくのでしょう。

 

野望が強くなったH君

10歳のころからの親友だったHは、最近個人事業主になりました。

ボクも同じく個人で活動する身、話が合うかと思いきや、

彼は目には野望しか写っていませんでした。

 

地元のバーで0時前まで飲み語っていると、

「帰ろう!明日も5時起きでタスクが詰まっている。」

 

そう言われて、日付が変わる前におとなしく解散w

 

ボクも自分を追い詰めて仕事している方なので、

12時前に解散したい意識は本当によく理解できます。

 

ただね、

 

大人になるって悲しきかな

 

と思わずにはいられなくなりました。


付き合う人が変わることは悪いことではない

時間は絶え間なく進み、ボクたち人間は少しづつ変化しながら生きています。

変わるのは自分だけじゃなく、当然周囲の友人も同じです。

 

時々のマインドに合わせて、人間関係も変わるのは必然的と感じます。

 

今ボクはモンハンについて語る暇はないけど、

面白そうなビジネスに関する話題なら喜んで飛びつくさ。

 

自分しか見れなくなってしまうと、失ってしまう友人もいるけど、

きっといつかまた腹割って話せる日が来るはず。

 

今はみんな旅の途中だからね、すれ違っていいのさ。

 

行きつくとこまでオリジナリティを追求したら、会うべきして会う時が来るよ。

来なければそれはそれで良し!

疎遠になる日が早まっただけだからね。

 

まとめ

「最近友達と気が合わなくなったな」

そう感じても悪い意味にとらえないで下さい。

 

変化しながら生きている証です。

変わらない価値もありますが、それはモノや文化に限った話です。

 

人の価値観は

  • 時代
  • 土地
  • 職場
  • 健康
  • 貧困
  • 身近な影響力の強い人物

このような環境の変化と共にコロンと変わります。

波長は変わっても本質や性格までは変わらないはず。

そう信じている限り、何も悲しむことはないさ。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。