クロックスのエスカレーター事故の原因とは?改善・改良の見通しは




榊原リュウジの画像
ボク

話題になっているのは、クロックスがエスカレーターのすき間に入っていく危険な動画。

もしこれが実際に子供が履いていたと想像したら…恐怖です。

 

なぜこんなにスルっと入り込んでしまうのでしょう。

また、クロックスサンダルは今後、改善・改良を視野に入れているのでしょうか?



クロックス、エスカレーター事故の原因

クロックスサンダルがエスカレーターで、こんなにも簡単に巻き込まれるなんて、指摘されるまで気が付きませんでした。

このような情報はシェアしていくべきですね。

 

この件の原因ですが。

 

ビニール樹脂製のサンダルは、表面がツルツルしている点。

柔らかく伸び縮みするといった性質。

 

これらの理由から、エスカレーターのすき間に挟まれやすく抜けにくいということが分かっています。

 

日本では、公に出されている事件だけで去年は65件、クロックス利用者の多いアメリカでは40と決して見逃せない数字です。

 

クロックスエスカレーター事故の改善・改良について

 

View this post on Instagram

 

クロックス(crocs)さん(@crocsjp)がシェアした投稿

 

経産省は、クロックスをはじめ各サンダルメーカーに設計や素材の見直しなど、改良を命じた。

クロックス・ジャパンは、安全面を優先的に考えた商品作りを、積極的に検討していくといったコメントを残しています。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。