通勤電車で立っているだけ腹筋ダイエット!正しい姿勢は首がポイント




榊原リュウジの画像
ボク

朝の通勤満員電車では、

個人差はあるものの、平均でおにぎり1個分(160~180Kcal)を消費します。

良く歩く人や、階段を使う人なら、その倍以上消費しているかもしれません。

 

これはダイエットになるかも?

 

そう思ったことはありませんか。

しかし、普通に出勤しているだけで痩せていく人は、稀です。



通勤電車で立っているだけ腹筋ダイエット!

満員電車で立っているだけでも、エネルギーをしっかり消費していますが、

そのダイエット効果を高めるには、立つ姿勢が大事です。

 

姿勢が悪いということは、骨盤が歪んでいる傾向にあります。

そうすると、血液の循環や代謝のめぐり、体の老廃物をスムーズに流す機能などに悪影響します。

 

その状態では、浮腫みや体脂肪を溜めこみやすくなると言われています。

 

これは、科学的には実証されていませんが、

 

正しい姿勢を維持することは、筋肉を使い、血行促進に良い影響をもたらします。

 

なので、せっかく長時間電車の中で立っているなら、姿勢を意識した立ち方を行ってみましょう。

 

正しい姿勢は首から

まず、多くの方がやってしまいがちな悪い姿勢というのは、

スマホ操作による前傾姿勢です。

 

スマホを見てると、どうしても前かがみな体勢になってしまいます。

これは、猫背を作っているのと同様です。

 

人間にとって長時間猫背で過ごすことは、様々なデメリットがあります。

 

  1. アゴが前につき出る
  2. ポッコリお腹が出る
  3. 重心バランスをとるためガニ股になりやすい

 

そして、これらの要素が重なり合うと、

血行が悪くなったり、代謝がダウンしてしまう可能性も生じてきます。

 

いくら立ちっぱなしで、カロリー消費をしていても、根本的な姿勢が悪ければ努力は実りません。

 

痩せたとしても、姿勢が悪ければ格好もつきません。

 

大事なのは首です。

首の位置は、足元から背骨を伝うように垂直に真っすぐ、点で結んだように維持してください。

 

スマホや本を長時間にわたって眺めないことも重要です。

 

この体勢ですが、慣れていない方は、まず腹筋にきます。

 

腹筋や足腰まわりの筋肉で、全体のバランスをとっていくので、

普通に楽に立っているよりも、エネルギーを使います。

 

正しい姿勢は、腹筋を刺激して血行を良くし、代謝を高めるだけでなく、

維持するための消費カロリーも増えます。

 

通勤電車では、なるべく正しい姿勢を意識しつつ立つようにしましょう。

決して楽ことではありませんが、日々の小さな積み重ねが、美しい体を作り上げます。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。