恋バナが苦痛…恋愛話をしない・できない女性の5つの特徴




榊原リュウジの画像
ボク

3時のおやつは「ヤングドーナツ」

どうもボクデス。

 

突然ですが皆さんは恋バナ好きですか?

人の恋愛事情って話題が尽きないものですよね。

しかしときに、恋愛トークに興味を示さない女子がいます。

そんな恋バナを苦手とする女性の5つの特徴をまとめてみました。



恋愛トークが苦手!話をしない女性の特徴

恋バナに消極的な人は、周りから

「ノリ悪い人」

という嫌な目で見られてしまうこともあります。

 

でもね、

恋愛話をしたがらない彼女たちには、

なんとなく質問している側には想像しにくいような事情があるんですよ。

 

不倫・うわき現在進行形

そりゃ恋愛話にノリノリになれないわけです。

酔ったテンションで話してしまうこともありますが、

大抵の場合は恋バナに興味ないフリして場をしのぐでしょう。

 

もし仮に、友人を巻き込むような社内や学校内浮気だった場合、

なおさら恋バナに参加意欲を失うはず。

 

早く終われ恋愛トークめ~

 

なんて心の中で思っているはずです。

 

人に話すような面白い恋愛経験がない

そもそも恋バナって、

タイプの男性の話とか、

過去に付き合ってきた恋人とのアレコレについてシェアする場ですよね。

 

「私の元彼すごい良い人だったけど、自然消滅したの。」

チ―ン。

 

これくらいしか話すこと無かったら、スベリ芸にもなれません。

自虐して嫌な気持ちになるだけ。

 

恋愛話をしない女性は、

単純に人へ公開するようなネタがない可能性がありますね。

 

生々しすぎる会話にドン引きしてるだけ

ゲスすぎる恋愛トークを、盛り上げすぎている方にも問題がありますね。

もはや恋バナではなく、下ネタ会議になっていませんか。

 

そんな行き過ぎた恋バナを苦手と思うのは健全な証拠です。

 

ボクは男なので深いことは知りませんが…

凄いらしいですね、

女子だけで盛りあがって着地点の見えなくなった恋愛話というのはw


信用していない?友達だと思ってないかも

もし近くに恋バナ苦手な友人がいるなら、

もしかすると本人は、アナタを友人と思っていない可能性がありますよ。

 

ひや~~

 

だって恋バナって、

ある程度信頼のおける友人に限定にしないと、

どこでどう広まるか分かったモンじゃないですよ。

 

よそで自分の恋愛癖など噂にされたら最悪です。

 

なので、恋話をしないということは、

「その場にいる人間をそもそも仲間だと思っていない」

というパターンも考えられます。

 

恋愛経験がマジでない…

これはボク自身の反省点です。

前職場の飲み会にて、同世代男女で恋愛話に火が付いた時です。

 

ある1人の女性だけ困惑していました。

その人は最年長だったのですが、まさかの彼氏いない歴が年齢でした。

いやぁ分からないものです。

 

場の空気は自然と違う話題になりました。

本人からすれば、言いたくないことを話す、

居心地の悪いところでしかなかったはずですね。

 

まとめ

「ボクが勝手に作った・人に恋バナを提案する条件」

  1. 本当に仲良し関係の友人のみ招待
  2. ゲスイところまで話をヒートアップさせないこと
  3. 身近な人と浮気中かも!知らぬが仏の場合もある
  4. モテそうだから年上だからなど、見た目で判断しない

 

どうか恋愛話で誰もケガしませんよ~に♪



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。