派遣やバイトでも面接にトレーナー・パーカー・TシャツはNG




うさぎの榊原先生
榊原

正社員じゃないし、気合入れてスーツで面接に挑むのは浮くかな?

安定の白をチョイスすれば、ラフなトレーナーとかでもOKかしら?

なんて悩んでいる方は少ないくないでしょう。今回は派遣やバイトの面接に相応しい服装を紹介しよう。

ラフな服装はダメじゃないけど、採用率が下がります

正直なところ、人手不足の企業なら新たに雇用する人がどんな服装で面接にきても採用します。

それくらい派遣やアルバイトの面接はイージーなんです。

ただし、採用する人数が決まっていて、あなたはその仕事に絶対に就きたいのであれば、トレーナーやTシャツは控えましょう。

採用する側も人間です、清潔感があって明るくて話しやすい人に好印象を抱きます。

 

スーツはケースバイケース

迷ったらスーツという考えも危険です。

雇い先が風紀に厳しい場合は「バイトなのにビシっと決めてきてやる気あるなぁ」と褒められるかもしれません。

しかし、若手が多い会社や、社員すら服装にゆるい会社では、黒いスーツに何の評価もしてくれない場合も。

それだけでなく、お互いの熱量に差があるせいで、会話が緊張に生じやすくなるケースも懸念されます。

 

派遣・アルバイトの面接に着るのは、きれいめカジュアルがベスト

男性なら無地のYシャツ・パンツ・ジャケットでOK!女性ならスカートorパンツ・シャツ・ジャケットで決まります。

色は黒・紺・ベージュといったベーシックカラーであれば問題ありません。

どんな面接にも対応するのがきれいめカジュアル。

さらに詳しく知りたい方は、オフィスカジュアルやビジネスカジュアルと検索してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。