既読スルーされたら実行すべき5つの行動




榊原リュウジの画像
ボク

既読スルーという言葉が誕生したのはいつのことだろう。

 

Eメールが主流の頃は、思う存分既読スルーができたのに、

チャットがメインの連絡手段に切り替わってからは、

既読有無という素晴らしい機能が備わったよね。

 

今回は、既読スルーされたら実行すべき5つの行動を紹介しよう。



既読スルーされたら実行すべき5つの行動

既読スルーされたら速やかに、積極的に、次の5つの行動をとってみましょう!

 

1.既読スルーされたら実行すべきは「電話」

 

 

 

既読スルーされたら実行すべきは直接電話をかけること!

それなりに勇気が必要ですが、確実に用件を済ませることができそうですね。

 

ただ、何時間返事がなかったら既読スルーになるかという定義は存在しないので、

早まってすぐ電話をかけてしまうと、間違いなくウザがられますね。

 

2.既読スルーされたら実行すべきは「ブチぎれる」

 

 

 

 

プッチンプリン並みにキレて、相手を脅す…

粗技ですねw

 

一時的な問題解決にはなるかもしれませんが、

キレられて嬉しい人はいないと思うので、まず嫌われるでしょう。

 

3.既読スルーされたら実行すべきは「泣く」

 

 

 

 

 

これもある意味脅しですねw

キレるよ?ではなく、

泣いちゃうよ?いいの?

 

という相手を困惑させるにはうってつけの技です。


4.既読スルーされたら実行すべきは「話題を変える」

 

 

 

既読スルーされたら話題を変えましょう。

もうこうなったらとことん変えてしまいましょう。

 

タピオカミルクティーの話から変わって、いきなりマンドリルの生態の話をするくらい、

脱線してみましょう。

 

5.既読スルーされたら実行すべきは「縁切り」

 

 

 

究極を突き詰めれば、既読スルーは絶交を意味するでしょう。

 

ただ、忙しくて忘れていただけかもしれない、

急病や事故で連絡がつけないのかもしれない。

 

など、返事が送れない可能性を十分考えたのち、

縁を切るなり自己責任で行ってください。

 

まとめ

既読スルーにいちいち敏感に反応すると、人は疲れてしまう。

いろいろな価値観があるので、既読スルーで感情的になるのは控えましょう。

 

また、感情的になった人を攻撃するのもやめましょう。

もうSNSなんてやめましょう。あっウソです。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。