【集中力維持】お昼ご飯(ランチ)はおにぎり1個しか食べないボクは眠気に襲われない




皆さんはお昼ごはん何食べてますか?

肉体労働をしている時は、らーめん+炒飯ランチみたいな、丼ものに麺という炭水化物の大量摂取を行っていました。

脂質と糖質たっぷりのランチ…うまいっすよね。

 

外仕事なら、多少眠気がさしても体さえ動かしていれば最悪眠ってはしまわなかった。

しかしフリーランスになった今はどうだ?

パソコンに文字を打つことが仕事となった現在…

 

ぐごがぁぁぁあ(つ∀-)

 

って音立てながら気持ちよく寝ちゃいますね。


お昼ご飯はおにぎり1個しか食べないを実践!その後の体調変化

通勤もない、力仕事もない、そんな今のワークスタイルではカロリー消費もそこまで!

今まで力仕事しかしてこなかったから気づけなかったけど、自分が就いてる仕事によって、ランチの質も変化させる必要があると感じました。

午後に眠くなるのを阻止すべく、まずは昼ぬきを試行しましたが、逆に腹が減りすぎて集中力低下でした。

なんなら夕食を食いすぎてしまい、体にも悪いし悪循環でした。

 

そこで次に試したのはオニギリ1個作戦!

1分でも多く仕事したいから、調理時間もなるべく削減するため、おにぎりという選択にでました。

 

ランチおにぎり1個のメリット

 

一瞬だけ眠気に襲われるが即撃退

そうですね、おにぎり1個でも食後は一瞬だけフワってなります。

しかしその数分を乗り切れば、再び視界は鮮明クリアです。

 

程よい空腹が集中力をキープする

腹が減りすぎると、意識は食べものに向いてしまうし。

逆に満腹だと見事にグースカピーコースです。

ランチにおにぎり1個というのは、その中間を絶妙に維持してくれるので、集中力も継続しやすいと実感しました。

 

節約になる

毎日ランチに600円ほど使っていた時期と比較すれば、1カ月に18,000円の節約になっちゃいますね。

おにぎりは手作りですが勿論タダではないので、ザックリ計算して、月に15,000円くらいは浮いていると思います。


お昼おにぎり1個しか食べないデメリット

 

体重が落ちる

多くのダイエッターや女性達を敵にしてしまう発言ですが、

ボクは痩せ体質なので、これ以上体重が落ちるのはちょっと嫌なんですよね。

これ言うと毎回彼女にボディーブローくらいますww

1回韓国人の女友達に本気でブチギレされたこともありますよん。。

ということでデメリットは体重減少。

その分夕食で補えばいいんですけどね、これ以上話すと敵が増えそうなので自主規制しておこう。

 

●●●
相棒めめ子

デメリットそれだけかいな。でぃくし!

 

おにぎりのサイズ

手のひらサイズのおにぎり

ボクが自分でにぎにぎして食べるおにぎりのサイズはこのくらいです。

コンビニのおにぎり1.5倍くらいでしょうかね?

もう少し小さくても大丈夫ですが、握っている最中につい欲張ってしまいこの大きさになってしまいます。

 

まとめ

ボクにとっての最適なランチメニューは、おにぎり1個という小話でしたが。

心身代謝の関係で今後はさらに少なくなるかもしれません、その時期の自分を分析することで常にベストな選択は変わると思います。

時々ふと切なくなるときもございますが、仕事を睡魔なんかに邪魔されたくない気持ちの方が強い、ということなのかもしれませんね。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。