朝に食べる納豆ご飯とみそ汁はなぜうまい?毎日食べても飽きない理由とは




榊原リュウジの画像
ボク

かれこれ4年はたっただろうか。

朝ごはん納豆生活。

たまにトーストへ浮気する日もなくはなかったが、

ほぼ毎日、納豆とゴハン、味噌汁さんと顔を合わす毎日。

なぜ飽きない?なぜ毎回感動するくらいうまいのか?



朝食納豆ゴハンが飽きない訳

どうして米が飽きないのか、その真実を追求してみます。

パンは無理!主食にはならなかった話

パン

西洋諸国を、数週間旅行した経験がある方は理解できるだろう。

基本的主食は固めのパン。

 

米はそう簡単に入手できません、

日本食レストランやテイクアウトの「sushi」なら買えないこともないが、少々高くつく。

 

だから一斤100円もしない、パンに食らいつく毎日なんだ。

 

パンばかり食べていると、そのうち便秘気味になり常に腹がモヤモヤする。

3日も続けていると、もうパンなんて…見たくもない。

 

日本に居るときはパンは特に嫌いでもなく、もしろスキな方だったのに、毎日は食えないのが現実だった。

 

一方お米はどうだろう。

1日3食米の人だって多いし、ボク自身も米だけで生きれる。

 

長い旅から帰ってくると、ボクは必ず納豆ゴハンを食す。

 

そして気が付けば、毎朝食べているのに、毎朝そのうまさに感動する。

 

育ってきた環境次第

大地

調べてみると、「毎日米なんて一週間でギブ!」「パンは全然飽きないよ~!」と意見する人も少なくない。

 

同じ日本人でも、ボクのようにパンはすぐ飽きてしまう人と、パンなら毎日食べれる人に分かれてしまう理由は何でしょうか。

 

それは子供の頃の食生活に本質が隠れていました。

 

アメリカ育ちの日本人は、やはりパン好きな確率が高い!

日本育ちの日本人でも、両親がパン好きで子供の頃からパンばかり与えられていたら、主食がパンになる。

 

ボクはと言えば、確かに幼少時代は基本ゴハンだった記憶がある。


糸の力が最高にウマい

糸の力出典:タカノフーズ株式会社

ボクのお気に入りはコチラ、おかめ納豆「糸の力」

他の納豆とは1味も2味も違う!クセのある旨みがやめられない。

 

毎朝「糸の力」を食べて感動している。幸せを感じているのだ。

自分の性癖を書いているようで、そろそろ恥ずかしくなってきた。

 

セブンイレブンの納豆も良い

セブンの納豆出典:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

糸の力ファンは多く、まれに品切れになっていることもある。

そんなとき代わりになる納豆は「セブンイレブンの極小粒納豆」だ。

 

甘いタレとからしがよくあう、こちらもお気に入りの納豆。

 

無理やりまとめ

ご飯派の人でも、毎朝食べるのはキツイし飽きる人も多い中、なぜボクは飽きないのか。

それどころか感動を忘れない。

 

その答えは分からないけど、ボクが本当に納豆を心から愛していることが理解できた。

納豆1つのために、こんな長文を書くくらいだから相当な熱だ。

 

次回、「榊原リュウジ自家製納豆を作る」(かも)

お楽しみに!



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。