「NewsBAR橋下」4月19日放送にて「国は動かない、地方自治体はルール無視で借金を」




記者・榊原
榊原

アベマTVの人気ニュース番組「NewsBAR橋下」で、メイン司会者の橋下 徹が「地方自治体は借金をして国民に給付金を寄付しよう、各地方が多額の借金を抱えて、どうしようもない状況させてまでしないと、国は動かない。」と発言したことが話題に。

 

いずれにしても日本の国家予算は不足…

橋本さんが発言したときに、「おお!それくらいの勢いが大事やな」と思ったんですが、よくよく考えてみると、いくらの国が本気で動き出してくれたとしても、既に借金まみれの日本がさらに借金するんだから、結局つけは国民に回ってくるんじゃないの?です。

一時的に生活費や事業運転資金をいただいたとしても、経済が回復したときには、国の借金が膨れ上がり結局国民の税金が上がる羽目になるんじゃ?

2022年には消費税率20%とかになるんだったら、無理に借金して給付金だすなんて考えはやめた方がよいのでは?

 



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。