TANICA ヨーグルトメーカー ヨーグルティアSの口コミ!良い悪い点を解説




数ヶ月前に購入しました。海外在住のために納豆を手作りするためです。結果とても購入して満足しています。サイズも大きすぎずちょうど良く、中の容器も2つあるので、1つはヨーグルト、1つは納豆用として使っています。

おすすめポイント①納豆が作れること

海外では納豆はアジア系のお店でしか売られておらず、とにかく高価なもの。わざわざ購入するためにアジア系のお店に行くのも正直面倒ですし、毎日食べるには高価すぎます。ちなみに、ノルウェー在住ですが、3パックで500円ほどします。ですが、ヨーグルトメーカーでは、気軽に納豆が自宅で作れ、保存がきくので一度作れば1週間は食べられます。市販の納豆と違って豆が大きく、粘りも少ないですが満足です。

 

おすすめポイント②サイズ、デザインがいいこと

私はアマゾンで白のTANICAヨーグルトメーカーを購入しました。サイズも大きすぎず小さすぎず、何より色が白でどのインテリアにも合いますし、デザインが丸っこくてとても可愛いです。ボタン部分もゴチャゴチャせずにベージュの色でまとめられていますし、全体に統一感がありスッキリしています。私はキッチンの窓側に小さなソファースペースがあるのですが、そこの窓の横にヨーグルトメーカーを置いています。

 

悪かった点「完璧な納豆は作れない」

残念だったポイントは納豆作りの際に納豆が水っぽくなり、納豆の表面の色と中の色が違ってしまうこと。納豆は24時間以上保温する必要があり、空気に晒された上の部分は市販の納豆と同じ綺麗な茶色になったのですが、容器の下の部分は大豆の黄色の色のまま納豆の状態になっていまいます。以前ネットで検索してみると、ヨーグルトメーカー付属の容器の中に入れるザルのような容器を自作、または100均で購入された方が多かったようです。

 

まとめ

結果、ヨーグルトメーカーを購入して大満足でした。なかなか日本の発酵食品が食べれない海外在住者、自分で作るしかありません。お手入れも簡単なので日常的に納豆や、豆乳ヨーグルト、甘酒を作って日本の発酵食品を楽しんでいます。

※この記事はクラウドサービス「ランサーズ」で募集した口コミを記載しています。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。