宮崎県60代女性ワクチン接種後死亡 




宮崎県は27日、新型コロナウイルスワクチンを今月接種した基礎疾患がある60代女性が死亡したと発表した。ワクチン接種と死亡の因果関係は不明。今後、国の専門家が事例を評価するという。接種後の死亡確認は県内では初めてで、国から県に報告があった。

県によると、女性は今月17日に米製薬大手ファイザー製ワクチンの1回目の接種を受け、20日に腹痛の症状が出て22日に死亡した。県は、死因について家族の同意が得られていないため公表していない。接種後、重いアレルギー反応であるアナフィラキシーはなかったという。

西日本新聞

 

ネットのコメント

“ワクチンという名の強毒”

“どう考えてもワクチン接種が原因でしょ”

“責任逃れだね”

“他にも同じような事例が後を絶たない”

“五輪のために混乱を避けたいだけだろ”

 

榊原のコメント

ワクチン接種もギャンブルですね。

打てば死亡率の高いコロナに感染にしにくくなるが、打ったあとに亡くなる可能性もあり。

今回の死因は不明で、アナフィラキシーでもないなら、今後の使用者はかなり慎重になるべきと思います。

死因がはっきりしない限り、やはりリスキーなワクチンだと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、厚生労働省はワクチン接種後の死亡した事例は556件あると報告しました。

そのうちの大半がファイザー製で554件です。

もし自分が打つとしたらモデルナ製を選択したいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。