どっち選ぶ?月10万円稼げてないフリーランス(個人事業主)と収入安定の会社員




突然ですが、皆さんはどんなお仕事をされていますか?

ボクは20代前半の時に、親友が世界一周したのに衝撃を受けたのをきっかけに、

後を追うように務めていた会社を辞め、国内外を放浪するようになりました。

すぐに元のレール(会社員)に戻る予定でしたが、旅の面白さにハマってしまったボクは、気が付けば4年間も日雇い労働や季節労働をしながら地球で遊んでいました。

 

榊原リュウジの画像
ボク

このままじゃ一生フリーターだな…現実(就職)と向き合わねば!

 

アラサーに入った時、そう決意するも旅人気質が抜けないボクは、一ヶ所にとどまることが苦手…

ではなく無理でした。

 

・転職回数はバイト含めて30回以上を越えました。。

・東京の満員電車が嫌だったんで宮崎県に移住していました。。

 

いい加減自分という人間が何者なのか理解できてきます。

 

 

これ起業するしかない奴やん

 

 

フリーランスになりたくてなった、というよりも消去法でこの道(砂漠の道)を突き進むしかないのだと感じて、現在どこにも雇われずにPC1台でお仕事してご飯を食べています。


月収入は10万に満たないフリーランスと会社員どっちが魅力的?

個人で働くと言ってもですね、何も知識のない素人がいきなり「健康で文化的な最低限度の生活」を手に入れることは不可能でございます。

ボクの今月の収入は10万円弱です、なんとか死なないレベルで食っていますね、それでも生活保護受給者以下の収入です。

ちなみにこの数字が出せるようになったのは、ここ最近の話で、ビジネスを始めた最初の半年間は収入ほぼゼロでした。

約1年と半年間、苦しまぎれに毎日時間と体力をぶっこむことで、ようやく最低賃金くらい稼げるようになりましたが。

お金だけにフォーカスすると、馬鹿馬鹿しいくらいフリーランスって効率悪いと思いますね。

ただボクの場合、上述したようにこの道を選ぶしかなかったので、比較するまでもなく砂漠コースをチョイスしました。

 

フリーランスだって未来はそんな悪くないよ

この記事のタイトルにも記してますが、10万円「稼げない」ではなく「稼げてない」と書いています。

今は稼げないピヨッコですが、未来は違います。

収入0円からスタートして、1年半で10万円前後稼げるようになったのですから、あと2年後はどうなってるんでしょうか?

作業しなかったら当然落ち込むし、やり続けていればいくらでも上限なしに稼げます。

全ては自分に返ってくるシステムがドキドキで、今はこの砂漠というフィールドで生き抜いていく、人生サバイバル感が楽しくてしょうがありません。

 

会社員と副業を両立するが最強説も?

会社員という信頼の看板を持ちながら、副業で収入の底上げをしている方が年々増えていますよね。

かなり器用じゃないと上手く仕事を回せないだけじゃなく、最悪のケースでは本業と副業どっちも成績が落ちるなんて自爆もあり得ますよね。

ボクも過去に1度だけ、フルタイムで働きながら自分の事業に取り組んだ時期がありました。

どっちが本業何だか分からなくなるくらい忙しいし、しまいには体調崩してお終いでした。

 

まとめ

今日のボクは金銭的にかなり節約を強いられている状況ですが、

月曜から金曜まで決まった時間に出勤してヒイヒイ働いていた過去の自分を思い出すたびに、最低限メシが食えるだけでも個人で稼げるようになった今は良かったなと、幸せすら実感します。

会社員とフリーランス、
どっちが凄いとか偉いとか生きやすいとか、無意味な比較をするつもりではありませんが、ボクのような個人で働いている人間も居るということを知って頂けたら幸いです。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。