彼氏を馬鹿にするヤツらの心理が腐りすぎ…あなたの彼を悪く言う人の3つの不幸




記者・榊原
榊原

大好きな彼氏なのに、どうしてか周囲の人からは不人気。

彼のことなんかこれっぽっちも知らないクセに、偉そうに上から目線で彼氏を馬鹿にする人っていませんか。

そのときは、とても悔しい気持ちになったでしょう。

でも大丈夫、そんな人たちは幸せにはなれないから。

彼氏を馬鹿にするヤツらの心理とは

①本当は羨ましがっている

悲しい事実ですが、人という生き物は他人の不幸が大好きです。

芸能人の不倫騒動や、権威のある人の汚職事件など、みんな大好物ですよね。

冷静になって見れば、他人(とくに芸能人)の人生なんてどうでも良いはずなのに、人は人が不幸になる瞬間が大好きな証拠です。

つまり、実際はあなたの彼氏のことを悪くは思ってないのが本音でしょう。

そもそも彼氏のことなんて、ほとんど知らないのだから悪口を言うことは出来ないはずです。

それなのに馬鹿にしてくるということは、幸せそうなあなたに嫉妬しているだけ。

散々小馬鹿すれば、あなたたちカップルは破局すると思って、悪意を持って悪口を言っているだけなんです。

なので、すべての発言は右耳から左耳へ完全スルーできるように頑張ってみてください。

 

②とくに何も思っていない

複数の人に囲まれるように彼氏を馬鹿にされた場合、本当に悪意をもって言ってくる人は一握りの人でしょう。

基本的に人は人と同じことをするのが大好きなので、誰かがあなたの彼氏を悪く言っていたら、とくに事情は分からなくても一緒になって悪口に参加する人は少なくありません。

いずれにしても、浅はかで低能な人間だということは変わりありませんので、ノリで集まってくる人たちとはなるべく関わらないようにしてください。

 

③人生の満足度が低い

人生うまくいっていないと、人は自分よりも不幸な人を探すことがあります。

しかし周囲と比較しても、あまりにも自分が圧倒的に不幸だと自覚してしまった場合、身近にいる立場の弱い人を攻撃してくることもあるのです。

あなたはいつも笑顔で、人の話をニコニコ我慢して聞くようなタイプではありませんか。

だとすると、人当たりの良いあなたの性格を逆手にとって、いじめのターゲットにされているかもしれません。

彼氏の悪口をいうことで、あなたのメンタルにダメージを与え嫌な気持ちにさせることで、自分の人生がうまくいっていないことを無理やり肯定化しているのです。

 

まとめ

彼氏の悪口を言われて、モヤモヤしているかもしれませんが、一切気にする必要はありません。

人を馬鹿にするような人に幸せは来ません、そんな人たちにならなかったあなたは、それだけでカッコイイ。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。