学校まで片道1時間で平日部活をしている高校生はバイトはできない?




榊原リュウジの画像
ボク

高校生になって、やっとバイトができると思ったけれど、実際部活が忙しくてできない。

そのうえ学校まで片道1時間となると、バイトは無理なのでしょうか。

結論から申し上げると、次の3つの条件をクリアできれば可能です。

1.部活終了時間が遅くても18時であること

高校生が働ける時間帯は22時まで。

したがって部活が20時までと遅くまでかかる場合は、バイトは2時間も働けません。

バイト先にとっても、あまり遅く出勤されても困りますし、そもそもシフトを組んでくれないでしょう。

2.融通のきくシフト制であること

バイト先がさまざまな時間的条件を受け入れてくれることが前提です。

部活が終わってからとなると、早くても18時~・遅くても19時~出勤できる職場を見つける必要があります。

多くの飲食店や販売店などは、夕勤17時~としているので、面接時に部活後の18時~働けるか相談してみましょう。

3.学校から近いこと

学校から家まで片道1時間となると、部活後に家に帰っている時間はありません。

なので、部活後はそのまま出勤する必要があります。

また地方に住んでいる方は、移動手段も把握しておきましょう。

部活後余裕を持って出勤できるかなど、バイト先の立地条件を確認してください。

また、帰りの移動手段も確認し、夜道安全に帰れそうかチェックしましょう。

4.体力があること

部活とバイトの両立が可能かどうかは、実際にやってみないとわかりません。

ほとんどの人は高校生とはいえ体力的に厳しいと感じ、両立は難しいと言われています。

体力に関しては非常に個人差のある問題なので、まずトライしてみて考えてもよいでしょう。

バイト先によっては、はじめは週1日からシフトを組んでもらい、徐々に増やしてもらうことも可能です。

自分の体力とのバランスをよく確認してください。

まとめ

  • 部活が遅くても18時はおわること
  • 柔軟なシフト制のバイト先であること
  • バイト先が学校から近いこと
  • あなたに十分な体力が残っていること

以上4つの条件を満たせば、平日部活のあとにバイトをするのは十分可能です。

無理のない範囲でスケジューリングしていきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。