娘の足を触る父親の心理5選!やめさせる方法も紹介




榊原リュウジの画像
ボク

ネット上では、足やお尻を触ってくる父親がキモイ。

といった悩める女性が少なくありません。

なぜ触ってくるのか、やめてもらうにはどうすればいいのか。

そんな疑問を解決します!

娘の足を触る父親の心理5選!

1.親離れを認めたくない

足などデリケート部分に触れる行為は「パパ大好き!抱っこして!」といった、娘側の好意があってこそ成り立ちます。

しかし、娘と父親のパーソナルスペースが広がるのは言うまでもありません。

徐々に娘が離れてしまう事実は承知しているが、現実を受け入れられないでいるのでしょう。

【昔のように近い距離でスキンシップをとる=まだ子供は親離れしていない】

という錯覚に身を置きたいのです。

 

2.ただの癖で特に理由はない

人に気安く触れる、悪い習慣がついている可能性があります。

相手によっては、触れるのが悪いことだという認識が甘い!

というかほぼ考えていないので、外でも軽々しく人の肩などをポンポンと叩いたりします。

 

3.甘えたい

夫婦仲がよくないケースでは、実の娘に甘えてしまう男性もいます。

特にストレスを抱えがちな人は、その傾向が強く表れるでしょう。

会社で叱られ鬼嫁に叱られ、気の合う友人もいない。

だからといって娘に甘えるのは間違いですね。

 

4.勘違いしている

珍しいケースですが、お父さんのことが大好きで、高校生になっても一緒にお風呂に入る女性がいます。

自分と娘の関係もそうなると信じている父親の場合、足を触るなどのスキンシップをやめないことも。

さらには、娘がこれといって嫌がっている素振りをみせなければ、本当に自分たち親子は触れ合うほど仲がいいんだと勘違いしてしまいます。

 

5.変態おやじ

説明するまでもありません。

 

父親が足を触るのをやめさせるには?

簡単な方法を期待した方。

申し訳ありませんが、父親の暴走をとめる方法は1つしかありません。

 

触るのやめて欲しい。

 

と真剣な表情で伝えるだけです。

怒る必要はありませんが、やさしくする必要もありません。

仲が悪くなったらどうしようと不安に思うかもしれませんが、勇気をもって本音を伝えてください。

  • 母など他の家族に相談する
  • 父に私は紳士な人が好きだと教える
  • 友達が父のセクハラで悩んでいると伝える

このような方法もありますが、どれも効果としては期待できません。

1番強力なのは娘(あなた)が触られることをどう思っているか伝えることです。

もちろん何をいってもやめてくれないパターンもありますので、そのときは残念ですが父親と物理的距離をとり続けるしかないでしょう。

 

まとめ

娘の足を触る父親の心理は、無意識でとくに理由がない軽いものから、少し心が歪んだ重いものまでさまざま。

心理がどうであれ、お年頃の娘は触られてうれしい訳ないので、お互いのためにも今すぐやめてもらいましょう。

やめさせるには、勇気がいりますがハッキリ気持ちを伝えること。

どうかあなた達の親子関係が良い形に収まることをお祈りいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。