裸眼視力2.0を自慢したらどうなる?人々の反応を紹介




榊原リュウジの画像
ボク

日本人の役8割が裸眼視力1.0以下と言われている中、2.0ある人はかなり珍しいと言えます。

2.0以上ある方は、その視力のよさを誰かに知ってもらいたくてウズウズしているでしょう。

しかし、実際に自慢したらうざいと思われそうで怖いですよね。

この記事では人々のリアクションを紹介します。

1.視力で困っていない人はリアクション薄め

ほとんどの人はメガネやコンタクトレンズで1.0ほどあります。

裸眼でも若い方は1.0前後ある人が多いでしょう。

1.0あれば日常生活に支障はないので、2.0を目指したいと思っている可能性は低いはず。

視力2.0の世界は未知ではありますが、憧れるほど価値のある数字ではないので、リアクションは薄いでしょう。

「へぇ、まじか、すごいね」

くらいでおしまいです。

2.視力に困っている人は良くも悪くも大きく反応する

ド近眼の人で、メガネをとったら盲目状態になる人からすれば、裸眼視力2.0ある人が羨ましく思うでしょう。

そんな人に自慢されたら、ひどく腹立ちます。

自慢して終わりではなく、相手の視力向上につながる有益な情報をセットにすればうざがられないかもしれません。

しかし眼科でもない限り、それは難しいので自慢は避けるべきです。

3.あの看板の文字読める?って聞いてくる

ほとんどの人はこのリアクションです。

裸眼視力2.0がどのくらいの力なのか知るためのチャンスだと捉えて、いきなり視力テストを要求してきます。

あなたは期待に応えて、かなり遠くの小さな文字を読まなければいけません。

まとめ

目が良いことを自慢した後、人々のリアクションは次の3つ。

  • へぇ~すごいね(特に興味ない)
  • へぇ~すごいね(まじうざ…)
  • へぇ~すごいね!あの看板の字読んで!(目のよさ知りたい)

言葉としてはどれも同じようなリアクションですが、心の中は大きく違います。
うざいと思われないように、自慢する人を選んで自慢しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。