ブス扱いしてくる面倒な男の行動あるある5選




榊原リュウジの画像
ボク

大丈夫だって!

顔はしょうがないけど、持ち前のやさしさでなんとかなるって。

まわりの可愛い子は運がよかっただけ!

こんな風にブス扱いされた経験はありませんか。

今回は、そんな面倒くさい男の行動心理を5つ紹介します。

①けなした後に誘ってくる

顔以外はイケてると思うよ。

などとヒドイ言葉を放ったあとには、必ずデートの誘いをしてきます。

本当は気になっているのに、素直に可愛いと言えない傾向があるのです。

 

②とことんブス扱いしてくる

1回や2回ではなく、定期的にブス扱いをしてきます。

ときには口頭で、ときにはSNS上で。

普通に考えてイジメと同じことをしてくるのですが、そうすることで自分の自信のなさを埋めようとしているのです。

 

③男友達の前でもブス扱いする

けちょんけちょんにブス扱いすることで「この子をブス扱いできるのは俺だけ」とアピールします。

かなり歪んだ性癖ですが、人前で好きな人のことをイジメるのが愛情表現だと思っているケースです。

 

④俺かっこいいアピールも忘れない

散々ブスとののしった後に、俺すごいカッコイイアピールをします。

なぜなら、自分を棚に上げることで不釣り合いな関係を作りたいからです。

女性の自信を無くして「カッコイイ俺が相手をしてやる」といった状況にしたいのでしょう。

 

⑤可愛い子を露骨に褒めまくる

本人の目の前で、過度に美女を称揚します。

とどめを刺すかのように、ブスと美女を比べる面倒極まりない行為です。

もちろん理由は前述したように、歪んだ愛情表現なのです。

 

まとめ

ブスとけなしてくる男は変人です。

素直に好きという気持ちを伝えることができず、反対の悪口しかいえません。

でも本当はブスだなんて思っていないので、言われた方はあまり気にせずスルーしておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。