追いかけてこない彼氏の心理6選!こんなときは追いかけません




榊原リュウジの画像
ボク

だいっきらい!!!!!

あんたなんて知らないんだから!あっかんべーっだ!!

とは言ったものの、あれ?どうして?なんで追いかけてこないの?

追いかけてこない彼氏の心理とは

勢いあまって大ゲンカをしたのち、ふと冷静になり彼氏のことを考えてみる。

向こうも悪いけど、自分も悪いこと言ってしまったかな。

仲直りしてもいいのか。

そんなふうに考えてみるが、彼氏からの連絡はなし…笑

いったい彼氏はなにを考えているのでしょうか?

 

①言葉の力を軽んじない

だいっきらい!など、酷い言葉を言われた彼氏さん。

そうか、俺のこと大嫌いなら、もうこっちだってお前さんのことは大嫌いだ。

もう知らない?じゃ俺もお前のことなんか知らない。

このような心理状態。

言葉のパワーを軽んじない人だと言えます。

女性は本気ではないけど「別れよう」と言ってしまった場合。

男はマジで本気で受け止めて、実際に別れようとするのです。

言葉は脅しのツールではないということ。

 

②ラッキー!嫌われるのを待っていた

実は前から彼女との交際に疲れを感じていました。

自分から別れを言うのは色々と面倒だから、いっそのこと嫌われてしまえばいいやと。

そのチャンスが到来したという訳です。

もちろん追いかけてくるはずがありません。

 

③そう何度も追いかけると思うなよ

頻繁に姿をけすようなワガママ子ちゃんを彼女に持った男は、追いかけることに疲れてきます。

はじめのうちは即追いかけてくれましたが、次第にこの状況に違和感を感じることに。

この女、絶対に俺が追いかけてくれると思ってやがるな。

と思われたらアウトです。

もうちょっとやそっとのことでは追いかけて来てくれませんね。

 

④追いかけてもケンカは収まらない

追いかけてごめんねと言えば、仲直りできる関係性なら追いかけます。

しかし、実際に追いかけてもぐちぐちと不満を述べるような彼女は正直面倒くさい。

頑張ったところで、さらに返り討ちをくらうなら、はじめから追いかけようとはしません。

 

⑤いい感じの異性がいる

いつも話を聞いてくれるいい感じの異性がいる場合。

喧嘩するとすぐ消えてしまう彼女よりも、やさしく話を聞いてくれる女性に心が動いてしまうケースもあります。

結局は楽な方を選びたがるのが男性心理ですね。

 

⑥追いかけるよりも追いかけられたい

愛することよりも愛されたい!

そんな乙女チックな男性の場合、そこまで追いかけようという気持ちにはなりません。

むしろ逆で、もっと俺に構って欲しいと怒り出す傾向にあるでしょう。

 

まとめ

彼氏が追いかけてこない時「もう私のこと好きじゃないのかな」と不安に思ってしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。

いろいろなパターンがあるということを覚えておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。