友達が急に突然冷たくなったら?相手があなたと距離をおきたがる心理3選




毎日一緒に過ごすイツメンの友達。

ある日を境に、急に連絡が冷たくなってしまい、気づけば疎遠の仲に。。

こんな経験はないでしょうか。

友達のココロが変化した理由を考えてみましょう。

 

急に友達が冷たくなったら?相手の心理3選

やはり理由もなしに急に距離が離れることは考えにくいものです。

なにかしらの訳があって、あなたとの接し方に異変が生じています。

人はどんなときに友達との関係を遠ざけてしまうのか、心理学からひも解いてみましょう。

 

1.恋人ができた

よくあるパターンの1つが恋人の誕生です。

もともと恋愛体質であればあるほど、友達<<恋人を優先しがちです。

またそのようなタイプの人は、彼氏や彼女が出来たことを友人に公表しません。

これまでの仲良しっぷりは、どこかへ消えてしまったかのように、本人の目に写るのは恋人の姿しかありません。

もはや自分が友達と距離を取っていたり、冷たくしていたりなんて自覚はないでしょう。

この場合、失恋と同時に再び相手の方から連絡が来るようになります。

あなたがとるべき行動は、友達のペースを振り回されすぎないように、程よく見守ることです。

 

2.絶対に叶えたい目標ができた

「ビジネスをはじめて、自分は絶対に億万長者になってやる!」

といった新しい目標ができたとき、人は人間関係を断捨離しようとします。

今いる仲間というのは、現在の自分の鏡みたいなもの。

更なる高みを目指すには、生ぬるい人間関係を切り捨てて、1人で前へつきすすむことを選択する人もいます。

学生であれば、「私は東大を目指す」と志したとたん、友達との友情を切り離してしまうことがあります。

 

3.巨大な富を得てしまった

  • 宝くじに当たった
  • 玉の輿に乗った
  • 仕事で大成功した

このようなお金が絡む大成功を収めた人間は、少しずつ人との繋がりを見直すようにします。

目の前に見えている世界がガラッと変わってしまったので、価値観すら変化していきます。

そうなると、これまで仲良くしていた友達とも、次第に話が合わなくなっていくことは目に見えています。

 

まとめ

大概の理由は、友達本人の何らかの変化が原因です。

あなたに問題があって急に冷たくなったのではないので、心配しすぎないようにしましょう。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。