はんぺんが嫌いな理由3選を紹介!はんぺん好きには理解不能な衝撃の事実…




記者・榊原
榊原

みんな大好きハンペンペン!

おでんの具だったり、焼ハンペンにしてジューシーに食したり、美味しい食べ方は豊富です。

最近ではチーズ入り・明太子入りなどバラエティ豊かなフレーバーも人気。

そんなおいしいハンペンですが、日本人の中には嫌いと話す人々も一部存在します。

はんぺんが嫌いな理由3選を紹介

好きな人には分からない、はんぺんの何がそんなに嫌われてしまうのか?

この記事では、はんぺん嫌いなら共感できる3つの嫌いな理由を紹介します。

 

①食感が嫌い

焼はんぺんならまだしも、おでんなどの汁ものに入れるはんぺんは、どうしても食感がフニャっとしています。

おなじ練り物でも、チクワやかまぼこのようなプリっとした食感はなく、噛み応えのないはんぺんは人によっては嫌いになることがあります。

味は好きでも食感が嫌いという理由で、はんぺんを食べない人は少なくないでしょう。

 

②たくさん食べて気持ち悪くなった過去がある

はんぺん嫌いの人の中には、もともとは好きだった人もいます。

なぜ嫌いになってしまったのでしょうか。

それは食べすぎて気持ち悪くなってしまった過去がある人です。

はんぺんには、卵白や山芋といった粘質の高い食材が使用されています。

とうぜん食べすぎれば吐き気を感じてもおかしくありません。

 

③はんぺんを食べる習慣がなかった

はんぺんの発祥は室町時代で主に関東圏を中心に食べられていました。

関西や九州の方では、令和になった現代もそこまで食卓にならぶ風習は無いと言っても過言ではありません。

日本の技術で作る魚肉の練り物の中には、さつま揚げや笹かまぼこなど、加工品とは思えない美味しさの食品が存在します。

揚げたてのさつま揚げをよく食べて育ってきた九州南部の人からすれば、「はんぺんって何?フニャフニャの奇妙な食べ物だ…さつま揚げ食べた方がいいでしょ!」と思っても何も不思議ではありません。

よって、はんぺん嫌いなひとは地域によりけりだということが分かります。

東日本出身の人よりも、西日本出身の人の方が、はんぺんが嫌いだったり苦手だったりする率が高いでしょう。

 

まとめ

はんぺん嫌いな人の気持ちが理解できましたか?

  • 食感
  • 成分
  • 風習

などの要因がはんぺん嫌いを加速させているのでしょう。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。