人に言えない過去・誰にも話せない秘密を抱えてる人が楽に生きる方法




榊原リュウジの画像
ボク

週末のイオンモールは駐車場さがしだけで20分以上消耗する…

どうもボクデス。

 

さて、みなさんはヒトに言えない隠し事をお持ちですか?

「そりゃもう秘密だらけさ」
「全てオープンスタイルだよ」

色々ありますが、長く生きている方こそ、

多くの秘密を持っているのではないでしょうか。

今回は自分で作った秘密に押しつぶされない為の、

メンタル構築方法について解説したいと思います。



自分の秘密に潰されないためのマインドセット

ボクの知り合いで、

 

 

誰にも言えない秘密なんてないさ~

心のカギはいつも開けっ放し♪

 

 

というスタンスで生活している50代の男性がいます。

 

確かに彼は一瞬一瞬を直感で生きているというか、

裏が見えない底抜けの明るさを持った良いオジサンです。

 

この年齢で、本当に秘密なしで生きている人も居るというのは事実だと思います。

 

しかし彼は特例、

ほとんどの人は少なからず秘密を持っているはずです。

 

言えない過去や秘密を内に秘めている人の魅力

ボクは、秘密を持っている人が嫌いではありません。

なぜなら
この広い宇宙で、75億人以上もの人間がいるフィールドの中、

その人にしか知りえない「何か」を隠し持っているのですから。

 

雰囲気は一味違い、独特な魅力を感じます。

 

どんな些細な秘密であっても、情報は情報です。

この世に無価値な情報などありません。

そんな価値を胸の奥深くに眠らせている人を見ると、

言葉では言い表せにくい不思議な魅力を感じます。

 

「影のある男性が好み」

 

という女性がいますが、まさにそんな男性こそ、

本人しか知らないような秘密をもっていたりします。

 

人が人に魅力を感じるとき、イチイチ言語化したりしません。

始めはなんとなく「あの人素敵」と思うはず。

 

これはボクの私見ですが、

大物俳優や人気アーティストは、普通の人が知らない世界を沢山知っているでしょう。

その経験の中には、どうしても秘密にしなくてはならない事柄もあるはずです。

 

知識や経験、思ったことなどは、すぐ口にせず、

内に秘めることで、独特の色を作りだせるのだと思います。


辛いことや悲しい過去ならブログに書いていこう

秘密と言っても多種多様すぎます。

良かれと思ったウソや、人を傷つけたり心配かけないように作った秘密なら、

そのまま秘めておくことをおすすめします。

 

ただ、過去に自分が受けた辛い経験や悲しい出来事は、

無理に胸にためておく必要はありません。

 

開放することで楽になれる秘密もあるでしょう。

 

匿名で電話相談できるサービスもありますが、

やはり形に残って多くの人に知ってもらえるブログがおすすめです。

 

秘密を文章にして打ち明けるメリットは、

 

悲しみを共有できる

 

ことです。

心を文字に変換して世に公開することで、

それを読んでいる人は、アナタの気持ちをシェアすることになります。

 

読んでいる時間は、当然本人も悲しい気持ちになります。

今まで「自分1人だけの辛さ」だったことが、

沢山の人の心へ届くことで一気に呼吸が楽になるでしょう。

言い方をかえれば「他人を巻き込む」ということです。

 

まとめ

そもそも秘密を隠して生きることはカッコ悪いことじゃない。

どうしても吐きだしたい場合は、ブログが良い。

 

秘密はその人の色です、

魅力となって周囲の人を惹きつけるチカラになるので、

ボク個人の意見としては、秘密は持っておいて悪いことはないと思います。

 

もし暴露するときは、

  • 紙に書いて燃やす
  • 匿名で誰か1人に電話する

などの方法はおすすめしません。

 

やはり多くの人に知ってもらわないと、秘密を明かしたことにはなりません。

形に残るブログやTwitter、YouTubeで声にして保存・公開するのも良いでしょう。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。