【対策】実家に帰るとTVの音が爆音に…祖父の家では頭がイカれるほど音量がデカイ




記者・榊原
榊原

お正月の帰省はいかがでしたか?

わたしはヒマすぎて精神をやられましたw

今回わたしが問題に思ったのは、実家のTVの音です。

年々音量が上がっているなと感じているのですが、今回は頭が痛くなるくらいすごかったんです。

実家のTVうるさすぎ問題について

まずTVのボリュームが大きくなっている原因は父親の難聴にあります。

母親はとくに耳が聞こえないといった悩みはありません。

どれくらい大きいかというと、静かに会話もできないくらいデカイっす。

音の数字を書いたところで、メーカーによって誤差があるので書きませんが、もうノイズなくらいうるさいのです。

 

流し見のTVほど頭にくるものはない

真剣に見てるなら、多少音がうるさくても許せるのですが、ろくに見てもいないのに爆音でバラエティが流れているとき。

耳が痛くなります。

かといって久しぶりに会っているのに、リビングから居なくなるのも変です。

誰にもバレずに一旦音量を下げても、すぐに気づかれて上げられます

こればかりは我慢しなければなりませんね…

 

実家の実家(祖父の家)が本当に精神崩壊するレベル

上には上がいる。

わたしの祖父は健在で、すでに90歳を越えている。

耳は微かに聞こえているレベルだから、もちろんTVの音はほぼマックスに近いのだ。

そんな爆音のなか、あけましておめでとうとか、最近どうだとか世間話をします。

全然会話が頭に入らないし、話しながら考え事をしたりラインで友人とチャットすれば、耳が痛いどころか精神が崩壊しそうになります。

ついに我慢の限界が来て、おもむろに外へ出てしばらく散歩しておりました。

大袈裟に聞こえるかもしれないが、爆音でTVを見るお爺ちゃん家に行くのは非常に危険だと感じています。

 

【対策】遮音性の低い耳栓をする

できる対策を考えたところ、耳栓をして自己防衛するしかないと思いました。

しかし「耳栓なんかしたら家族との会話はできないんじゃ?」と思う人もいるでしょう。

ところがどっこいしょなんです!!

親をはじめ祖父も祖母もみんな耳が遠くなっているので、必然的に声も大きくなっています。

というわけで遮音性が低めの耳栓をすることで、年老いた家族と同等の聴力に自分がなれば、バランスがとれるというわけです。

ちなみに遮音性の低い耳栓は、モルデックス製のメテオスモールがオススメです。

この耳栓をつければ、程よく耳が遠くなるので、うるさいTVや会話の中でも自然に溶け込むことが可能。

 

まとめ

実家や祖父の家のTVがうるさいとき、それでも一緒に居たいと思うなら遮音性の低い耳栓をしよう。

耳栓をすれば、耳が遠くなった父や祖父の気持ちも理解できるので、より仲良くなれるはずです。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。